ストレスは心の病気|楽しい生活を送るためのストレス解消術

案内

頑張りすぎない事が大切

カウンセリング

ストレスは万病のもとと言われるように、ストレスが溜まるとあらゆる病気を引き起こしてしまいます。悪化する前に対策をすることが必要です。ストレスの治療は薬物治療や精神療法があります。早目の治療を行いましょう。

View Detail

妊娠への期待に応える支援

先生

不眠の悩みにもアプローチ

うつ病などの治療が主である精神科や心療内科などのクリニックでは、近年、不眠治療にも携わるケースが増えています。軽いうつになっている女性にとって、ストレスがかかる不眠治療の改善策にメンタルクリニックは利用されはじめています。症状としての特徴は、結果の見えない治療や周囲からの何気ない言葉などに対し、自分だけが取り残されている絶望感にさいなまれてしまいやすく、うつに似た症状を招いています。妊活中の女性にとって、ストレスを消し去る方法ではなく、自分自身を褒めるマインドコントロールを提案しています。例えば、女性として、妻や母として、一回りも二回りも大きく成長できているなど、褒める治療法が提案されています。問題となる不眠症の言葉が心の冷えに結び付き、悪循環を起こし、ストレスとして蓄積されていきます。そのため、マイナスの言葉が心を支配しはじめ前向きな気持ちの言葉で褒めて行動し続けることで、不眠治療という時間を楽な気持ちで進められる特徴が、最近用いられている内容です。

タイミングが大事

心に深く蓄積されるストレスは、タイミング療法が有効的な治療法とも言われており、タイミングが合わないことで結果が出にくいと嘆く人も少なからずおられるのも実情です。メンタルクリニックでの相談内容でも、努力が結果に繋がらないことがストレスに結び付くことから、何に対しても始める前から諦めてしまう人が増加しているデータを報告しているほどです。例えば、近年では不妊や妊活のストレスから心療内科などのクリニックに訪れる人も増えてきています。この場合は、女性一人での相談ではなくパートナーと一緒に通院することが重要となります。妊娠は特にタイミングがポイントともなり、不妊治療のツラさなどから思い通りにいかず、イライラ度が増し、パートナーとの仲がギクシャクするケースも少なくはない実情として挙げられています。一般的に女性はナイーブな心を持つと言われていますが、男性の方がその気持ちを内に秘めやすいため、ストレスはパートナーが抱えてしまうケースが多いのが特徴で、そのため、二人で通院しストレスを治療することが大切です。

心の病気の患者数

指を刺される女性

ストレスが原因でうつ病などの心の病気になる方は、今後増えるものと考えられます。治療には医師の力が重要ですが、患者さんの社会復帰のためのサポート体制の構築が今後は求められます。また、日々のストレスはその日のうちに解消して、上手くリセットすることが大切です。

View Detail

楽しい生活を送るために

落ち込む男性

日々の生活を充実させ、楽しむためにはストレスを溜め混まないことが大切です。病院での治療が必要となる前に自分自身や周囲の人間がいち早く気付くこと、そしてコミュニケーションを交わすことが、ストレス解消を促す最善の方法といえるのです。

View Detail

心身の歪みを治す

女性医師

ストレスはさまざまな病気の原因になります。ストレスによって何らかの身体症状が出ているケースでも、心療内科で投薬療法と心理療法を実施することにより、高い確率で治療が可能です。発症に至る前に、日頃からストレスを軽減させる生活を心がけることも大切です。

View Detail

過労や働き過ぎに注意

相談

ストレスが原因になって精神病の治療が必要になることもあります。慢性的なストレスを長時間感じ続けるとうつ病の原因を引き起こす事があるほか、双極性障害や統合失調症といった病気の原因となってしまうことも少なくありません。病気を予防するために大切な事をまとめました。

View Detail