ストレスは心の病気|楽しい生活を送るためのストレス解消術

ナース

心の病気の患者数

指を刺される女性

年々増える患者数

現在は、ストレスが原因でたくさんの方が心の病気になっています。何かとストレスの多い世の中ですから、心や体のバランスを崩す方が非常に多いものです。心の病気を治療するには、心療内科や精神科へ通院することになります。現在はストレス社会のため、心の病気の治療で心療内科や精神科を受診する患者数は年々増えていくと考えられます。心の病気の治療には、心療内科や精神科の医師の力はもちろん必要です。しかし、医師の力以外にも必要な物があります。それは患者さんの周囲の方の理解と手助けです。心療内科や精神科へ通院することで、心の病気の症状はある程度良くなります。しかし、その先の社会復帰には周囲の方の協力が何よりも必要なのです。家族や会社の理解と協力があってこそ心の病気は治るのです。心の病気に関する世の中の理解は徐々に深まってきています。しかし、患者さんの社会復帰のための協力体制はまだ整っているとはいえないのが現状です。そのためこれからは、患者さんの社会復帰のためのサポート体制が構築されることが必要となってきます。

その日のうちにリセット

心の病気の原因は、大きなストレスです。大きなストレスを抱えたままの状態は、決して健康な状態だとは言えません。うつ病などの心の病気の治療には、最低でも半年から一年程の長い期間が必要になります。そのため、日々のストレスをうまくコントロールすることが、予防の第一歩となります。人は誰でもストレスを感じます。しかし、それをどうコントロールするかはその人次第です。まずは日頃から、ストレスコントロールの意識を持つように心がけましょう。ストレスはその日のうちにきちんとリセットすることが大切です。方法としては、毎日日記をつけて自分の気持を整理する、または毎日30分位ウォーキングやランニングをして軽く汗を流すことが良い方法です。日記は、紙に書き出すことで自分の気持ちを整理することに繋がります。また、ウォーキングやランニングで汗を流すことは、筋肉を解すことに繋がります。どちらも非常に良いストレス解消法です。日々の生活で感じるストレスは、このような方法でこまめに解消することが心の病気の予防となります。