ストレスは心の病気|楽しい生活を送るためのストレス解消術

ナース

過労や働き過ぎに注意

相談

定期的な過労のチェック

人間の生活にはストレスがつきものです。ストレスについては多くの人が既に知っているように、無理な仕事を続けていたり、人間関係において矛盾が生じたり、自分の要求が満たされなかったなどといった場合に強くストレスを感じてしまいます。日々ふくれあがるストレスの有効的対処法としては様々なものがありますが、一番良い方法としては自分らしさを保てるように工夫した生活を送りながら仕事を続けることです。こうした無理のない生活を続けることによって、例えば仕事において過労による負担が発生してしまった場合にも周囲の人間関係が希薄では無ければ、不安や悩みを相談してスマートに対処する事ができる場合もあるかもしれません。また、周囲の人間関係が強く結ばれていることでいざ他人から強い批判を受けるようなことがあったとしても、上手く対処しやすくなることが考えられます。こうした事例からも、人間にとって周囲との人間関係の信頼度と、適度な休養は精神病対策のために非常に有効的な要素の一つであると言えるでしょう。また精神病は自分の感覚だけから原因が作られるだけではなく、自分の周囲を取り巻く環境からも作られている要因でもあると考える事ができます。メンタル面において不安定を感じたときには、一旦普段の生活習慣を見直してみましょう。

休養を積極活用

ストレスを強く感じてしまい、重圧感を感じている状態が慢性化してしまうと精神病の治療が必要になる場合もあります。治療が要求される多くの精神病の原因の一つとしては慢性的で強いストレスが大きな原因のひとつとしてあるとも言われています。治療が必要になるほどの強いストレスとしては人間関係や身体の不具合、環境的要因(電車や自動車の騒音がうるさい)など、非常に多くの原因があるため全ての原因を突き止めて全くストレスを感じずに生活をするというのは無理があります。しかし治療が必要になるほどの重い精神状態を防ぐために日常生活において工夫をすることは可能です。例えば、精神状態が重くなってくると人間は誰しも行動によって表現されるという心理学による仕組みがあります。重い精神状態を感じている人の特徴としては、仕事が普段よりガサツになるとか、イライラして些細なことで八つ当たりをしやすくなってしまう、といった行動もあります。こうした行動を自分自身が気がつかずに職場などでとり続けていると、次第に周囲から嫌われ自信を無くしてしまう原因にもなりかねません。悪循環が繰り返される前に自分の生活習慣を良く見直してみて、精神面において健康的な生活を工夫する事が大切になります。